ラ行

落日のフラッグ

・・・は 落日のフラッグを 掲げた。 燃えるような あざやかな夕日色が 目に染みる!

らくらくジョウロ

・・・は らくらくジョウロを じっくり ながめてみた。 さっそく 畑の作物に 水をやりたく なってきた!

ラピスのおまねキー

・・・は ラピスのおまねキーを 手に取ってみた。 このカギがあれば 祈望館にある ラピスの部屋に 遊びにいけるようだ!

ラピスの友達の絵

・・・は ラピスの友達の絵を じっくり ながめてみた。 ラピスが描いた フウキの仲間たちの絵だ。 なんとも 味わい深い 仕上がりになっている。

ラプパの手紙

・・・は ラプパの手紙を 手に取った。 とても ていねいな字で 「ニロップさんへ」と書いてある。

ラブリースティック

・・・は ラブリースティックを じっくり ながめてみた。
マスター・ポーリアによって 女子力アップという よくわからない錬金効果が 付けられているようだ……。

ランディの手紙

・・・は ランディの手紙を 手に取った。 とても マジメな字で 「ウェルジー神父へ」と書かれている。

リセセの陳情書

・・・は リセセの陳情書を 読んでみた。 オルセコの市場を 取りしきる リセセにございます。 ギルガラン王子のことで 陳情申し上げます。
王子の ご立派な しっぽが 店の陳列棚にぶつかり 被害を受けております。 店まで ご足労いただき 確認をお願いしたく。

リソルのおまねキー

・・・は リソルのおまねキーを 手に取ってみた。 このカギがあれば 祈望館にある リソルの部屋に 遊びにいけるようだ!

リソルの生徒手帳

・・・は リソルの生徒手帳を じっくり ながめてみた。 頼んでも 見せてくれないであろう 真面目な顔の リソルの写真が見られるのは
この生徒手帳だけだ。

リソルのフウキの証

・・・は リソルのフウキの証を じっくり ながめてみた。 細かな装飾が ほどこされた金属製の証だ。 リソルが 壊してしまう前よりも ピカピカに みがかれている。

リッシュウの手紙

・・・は リッシュウの手紙を 手に取った。 とても あわてた字で 「アサギさんへ」と書いてある。

竜炎石セット

・・・は 竜炎石を ひとつ 手に取ってみた。 竜炎石の あたたかさが 手に じんわりと 伝わってきた。

竜の香炉

・・・は 竜の香炉を なでまわしてみた。 トゲトゲの先端が 指に当たって すこし チクッとした。

竜の芯骨

・・・は 竜の芯骨を じっくり ながめてみた。 羽根のように軽いが とても硬い。 不思議な骨だ。

竜の聖印

・・・は 竜の聖印を じっくり ながめてみた。 長老オルゲンの手で 精巧に修復され 神秘的な緑色に かがやいている。

竜の火酒

・・・は 竜の火酒の においを かいでみた。 焼けつくような 熱い においがして あわてて フタをしめた。

竜笛

・・・は 竜笛を 吹いてみた。 しかし 何も起きなかった!

リュックスレザー

・・・は リュックスレザーを そっと なでてみた。 しっとりとした 滑らかな 手ざわりで なんだか やみつきになりそうだ。

****の手紙

・・・は ****の手紙を読んだ。 親愛なる ・・・さんへ まず 最初に 謝らせてください。 今日は 行けなくて すみませんでした。 ギリギリになって どうしても行けない理由ができてしまい 中止を伝えようにも方法がなく 間に合わなかったのです。 くわしい事情は *****を通して説明したいので 申し訳ないのですが 戻ってもらえないでしょうか? どうか この手紙が 無事 あなたの元に 届きますように。 あなたの友人 ****より

領界調査バインダー

・・・は 領界調査バインダーを 開いてみた。 ……今は 依頼を受けていないようだ。 聖都エジャルナの 領界調査員モフテカに会って 魔物の調査依頼を受けよう!

・・・は 領界調査バインダーを 開いてみた。 領界調査バインダーに 調査依頼の 魔物討伐状況が 記されている。

・・・は 領界調査バインダーを 開いてみた。 受注していた 調査依頼は 完了している。 聖都エジャルナにいる 領界調査員モフテカに 報告しにいこう。

リリオルへの贈り物

・・・はリリオルへの贈り物を そっと ふってみた。 小箱の中から カタカタと 音が聞こえる。 

ルコリアの手紙

・・・は ルコリアの手紙を 手に取った。 ・・・・・・なぜか ズッシリと 重たい感じがした。

ルシェンダの手紙

・・・は ルシェンダの手紙を 手に取った。 「重要!」と 大きく赤字で書いてある。

ルビーのロザリオ

・・・は ルビーのロザリオを 手に取った。 フランジュが 身につけていた かわいらしいロザリオだ。
・・・は 学園生活を通して フランジュと育んだ 友情を思いだし 温かい気持ちになった。

ルラムーン草

・・・は ルラムーン草を そっと 顔に近づけた。
心が 透きとおるような 清涼感のある 香りがした!

零下の大輝石

・・・は 零下の大輝石を じっくり ながめてみた。
零下の大輝石は 心が洗われるような とても 清らかな輝きを 放っている。

霊木のしずく

・・・は 霊木のしずくを 少しだけ なめてみた。 霊木のしずくは ほんのり甘かった。

レムール貝

・・・は レムール貝を そっと 耳に当ててみた。 コオォ……コオォ……と 不思議な音が聞こえる。 ・・・は しばしの間 海底の景色に 思いを はせた。

レムオルの粉

・・・は レムオルの粉を ちょっぴり つまんでみた。 なんと 指先が うっすら消えかかっている! ・・・は あわてて ビンのフタをしめた。

レムルの聖杯

・・・は レムルの聖杯を 指先で はじいてみた。 美しく 澄んだ音が ひびきわたる。

れんごくの羽毛

・・・は れんごくの羽毛に ほおずりしてみた。 羽毛は とても やわらかく あたたかかった。

ローヌ樹林帯の草

・・・は ローヌ樹林帯の草を じっくり ながめてみた。 どこから どう見ても 普通の草だ。

ローヌにんじん

・・・は ローヌにんじんを じっくり ながめてみた。 どこからどう見ても 普通のにんじんだ。

緑青色の鉱石

・・・は 緑青色の鉱石を 手に取って ながめてみた。 ずしりと重くて すっかり ウデが疲れてしまった。

  • 最終更新:2018-08-31 00:52:55

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード